読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フュージョンインザダーク

スマブラブログ

ゼルダII

SSB4-ゼルダ

■技
弱は使わない。
横強は少し余裕があってとりあえず攻撃する時に。
上強は連携と暴れと対空に使う。
下強は使わなかった。

上スマは連携と対空に使う。
横スマはホールド待ちととりあえず攻撃する時に使う。
下スマは暴れとバーストと回避狩りと差し込みに使う。

空前はバーストと崖離しジャンプで使う。
空Nは暴れと崖待ちで使う。
空後はバーストに使う。
空上は崖待ちと連携で使う。
空下はコンボの始動技と対地と回避狩りに使う。

NBは暴れで使う。
横Bはよほど暇な時に使う。
上Bはバーストと暴れと差し込みと復帰に使う。
下Bもよほど暇な時に溜めて使う。
↑ファントムが敵を押すので横Bよりはいささか安全。

DAは差し込みに使う。
掴みは暴れとガーキャンと差し込みで使う。
↑つかみリーチは長い。
前投げは追い出せる時に。
後投げは追い出しとバーストに使う。
上投げはわからなかった。
下投げは連携に使えそう。


■立ち回り
わからない。


■考察
とにかくできることが少ない。


■コンボ・連携
▼対地空下→上スマ
▼上強xN
▼対地空下→上強


■対ロックマン
ロックマンの横Bは爆発部分をゼルダのNBで透かせる。


■対ロイ
ロイのNBは後隙が短いので安易にガーキャン行動をしない。

 

 

マリオII

SSB4-マリオ

■技
弱は置きと様子見に使える。
↑積極的に使うほどの性能は無い。
↑A押しっぱの連射は回避狩りと置きと起き攻めに使えると思う。
↑先端が当たる位置でないとガードされた時に掴まれる。
横強はとりあえず攻撃する時と追い払う時に。
↑リーチは無くもない。
上強は暴れと対空牽制と火力コンと連携に使う。
↑前回避とか崖上り回避とかした時に敵が至近距離にいたらさらに回避するより上強で暴れてしまった方が助かりやすいと思う。
下強は様子見と当てて様子見したい時に。
↑おいしい位置に飛ぶけど積極的に使いたい性能ではない。

上スマは暴れとバーストとホールド置きと差し込みに使う。
↑ガーキャンから背後に素早く判定が出るのは強いと思う。
横スマはホールドとバーストととりあえず当てる時に使う。
↑先端が当たるくらいの位置が間合い、意外と広い。
下スマはホールドと余裕のある暴れと回避狩りに使う。
↑ホールドして待つ時は背面を当てる方が反撃されにくい。
↑差し込みか着地狩りに使う場合は前を当てる方がミスしにくい。

空前は下りと復帰阻止と対地と対崖上と連携に使う。
空Nは暴れとガーキャンと下りと上りと置きと復帰阻止と対崖上に使える。
↑フォックスの空Nに似てる。
↑発生を当てた方が強いが用途が違うので狙うことではない。
↑とりあえず出しても問題無い技。
空後はガーキャンと差し込みと復帰阻止と崖奪いで使う。
↑見た目以上にリーチが長い。
↑復帰の弱いキャラを追い出したらこれでいじめて火力を取れる。
空上は対空と下りとバーストと連携に使う。
↑主に下投げ空上でバーストする。
↑すごく使うけど回避を強要する用途が多いと思う。
空下は復帰阻止と対地に使う。
↑復帰が直線的で強い判定の出ない敵はこれを崖離しジャンプから撃ってるだけで火力を稼げる。

NBはガードの強要と下りと嫌がらせに使う。
↑大ジャンプ頂点付近下りで出すとファイアボールが当たるタイミングでマリオが立ち状態に戻る。
横Bは崖待ちと崖下での様子見と無駄な読み合いに使う。
↑下強、下り空上なんかで微妙に浮いて暴れてきそうな相手に使って思惑を外せる。
上Bは復帰と暴れと崖下戦で使う。
↑外すと弱いので暴れで安易に使わない。
↑暴れで使うとしても着地と崖捕まり、あるいはすり抜け台の通過の有無くらいの選択の余地がある状況が望ましい。
↑復帰の弱いキャラを崖下でいじめられる。
下Bは着地の隙消しに。
↑水流自体も使えると思うけど使う暇がなかった。

DAは差し込みと起き攻めに使う。
掴みはガーキャンと反撃と差し込みととりあえず攻撃する時に使う。
↑ダッシュ掴みが差し込みやすい。
↑振り向き掴みは結構滑る、当てられなかったけど。
前投げは追い出せる時に使う。
後投げは追い出しとバーストと乱戦での暴れに使う。
↑乱戦なら差し込み掴みから振ると強い。
上投げはよくわからない。
下投げはコンボに使う。


■立ち回り
間合いの管理を徹底すれば後は自然に勝てる。
バースト技も強く拒否されなければ読み合いで当てられる。


■考察
Xの頃は初心者に優しい(笑)みたいな感じだったけどforのマリオは本当に優しいと思う。
とりあえず振れる技が多くて最終的に勝てる可能性がある。
火力コンと差し込みさえできれば読み合いの練習ができて楽しいと思う。


■コンボ・連携
▼下り空前対地メテオ→大ジャンプ→ジャンプ空上→空上
一回目の空上を回避すると二回目の空上が当たる。
大ジャンプで届く範囲なら↓。
▼下り空前対地メテオ→大ジャンプ空上ヒット→ジャンプ空上
▼大ジャンプ頂点NB→前下り着地→掴み
ファイアボールが当たってれば掴みを通しやすい。
降りは急降下でもいいと思う。
↑その場合内容が変わるかもしれない。
▼上強xN
強い。


■テクニック
▼崖背負いガード
本来ノックバックで反撃できない攻撃をガードしても反撃できる。
ルイージなんかは顕著だと思う。
あるいは対ガノンドロフ
読み合いの内容が少し変化する。
要するにノックバックで反撃を逃れている相手に刺さる。
崖を背負うので復帰が弱いキャラはリスクに見合ってないと思う。
↑例えばクッパJr.とか。
▼下B着地キャンセルガード
下Bは発動後しばらくするとガードでキャンセルできるようになる。
これを利用して着地する少し前から下Bを発動しておいて着地後すぐにガードすることで着地隙を減らせる。
雰囲気としては着地隙を空中で消費しておくみたいになる。
クラウドの下B着地の劣化版。
相手の着地隙に合わせて着地して上スマを差し込みたい時とかに使えると思う。
▼壁キック
壁側へ入力→壁と反対側に入力。
マリオは復帰力が乏しいのでよく使う。
壁キック込みだと追撃できる距離や時間が変わってくる。


■対ガノンドロフ
火力は取れるので強引に攻める必要はない。
ガノンドロフのNBは見てから攻撃でいい。
↑もし発生を見て咄嗟にその場回避を出しても、あるいは上スマを外しても攻撃する時間はあるので近付いて掴めばいいと思う。
復帰に空前を当てやすい。
スマッシュを連続でガードするとガードが割れるのであまりガードを多用せず発生を潰すか後隙を狩るかに重きを置く。


■対プリン
ダメージを与えるのが難しいので焦らずに待つ。
プリンの空前にマリオの上スマをぶつけるとマリオが負けて吹っ飛ばされる。
ホールドは得策ではない。


■対デデデ
少しバーストしにくいくらいでバーストはできるし、ダメージも少し溜めにくいくらいで十分溜められる。
デデデの横Bのリレーは単純に考えるとデデデに少し分がある。
↑デデデが返したゴルドーを横Bで再度掴んで打ち返してるように見えたからそう思ったけど、実は直前に消えてたのかもしれない。
ゴルドーに上Bを当てても返せない。
↑空N、NB、空後、空上が返しやすいと思う。
↑乱闘なら下投げの攻撃判定でゴルドーを返し、その攻撃判定を発生させたキャラクターに返したゴルドーが当たるか高速で返るかするとで場合によって狙っていきたい。


■終点化特設リング
カメラが左右に寄ってる時は崖下の壁スレスレがとても見えにくい。
壁キックができるキャラは復帰距離を伸ばせる。

 

 

フォックスII

SSB4-フォックス

■技
弱は暴れに使う。
↑乱戦でも使えると思う。
横強はとりあえず攻撃するのに使う。
↑特に隙を晒したくない時に。
上強は暴れと火力取りに使う。
↑特にめくりに対する暴れ。
下強は様子見と足止めに使う。
↑ウザッ!てなる感じで当てる。

上スマはバーストと暴れに使う。
↑ガーキャン暴れで使える。
横スマは特に後のことを考えないで攻撃していい時に使う。
↑バーストはしにくい。
下スマは暴れとホールドでの回避狩りに使う。
↑当たる範囲は意外と狭いので振る見極めに慣れが必要。

空前は対空と追撃に使う。
↑崖離しジャンプからと復帰阻止にも。
↑連携って繋がるのかな?
空Nは置きと暴れと様子見と対空と対地と連携と復帰阻止に使う。
↑立ち回りの要だと思う。
↑後隙が少ない技は貴重なのでよく使う。
空後は下りと崖奪いと復帰阻止に使う。
↑後隙が長くて落ちて死にやすい。
空上はよくわからなかった。
↑当てるのが難しくて…。
空下は復帰阻止に使う。
↑特に直線で復帰してくる相手に。
↑あと終わり際にメテオがついてるので二回目の崖捕まりに合わせて当てるのもいい。

NBは使わなくていい。
↑とにかくしまうのが遅い。
↑吹っ飛ばされて崖外から崖下に落ちていく時に一発当てるとかくらいには使える。
横Bは復帰とひき逃げに使う。
↑後隙が長い。
↑復帰距離はXと比べて上がったと思う。
上Bは復帰と暴れと追撃に使う。
↑ほとんど復帰だけ。
↑回避狩りで使えなくもない。
↑一応バーストできる程度の吹っ飛ばし力はある。
↑しりもち落下中の崖捕まり範囲と空中横移動速度は上がったので見た目以上に復帰できる。
下Bは飛び道具メタと二個目の空Nとして使う。
↑うまく使うと崖待ちできる。
↑暴れ性能は悪くない。

DAは差し込みと攻めに使う。
↑DA出すぞという圧力をかけて読み合いを仕掛けたい感じ。
掴みは暴れと差し込みに使う。
↑ダッシュが早いので無茶な振り方もできなくもない。
前投げは使わなかった。
後投げは追い出しに使う。
上投げは連携に使う。
下投げはとりあえず投げる時に使う。
↑どれも早いので乱戦ではどの投げでもいいと思う。


■立ち回り
DAと掴みと空Nを差し込んでいく。
隙を見て上強連を決められるといい。
読み合いを仕掛けて上スマでバーストする。
↑あるいは着地狩りで。


■考察
攻撃は硬直が長く、慣性も乗らないしリーチも短いのでダッシュやジャンプで相手の懐に潜り込んで攻撃する。
運動性能が高いのでそれを活かすように、対応速度で追いつかれないように動く。
あるいは瞬発的に対応が難しい読み合いを仕掛けることになると思う。
なんとかして勝つみたいな感じ。


■コンボ・連携
▼上投げ→上B
上Bの持続に当たらなかったら下に出すとか。
当たるとバーストできるけど多分当たらない。
Lv.9は当たってくれる。


■対リザードン
リザードンの横Bとフォックスの上Bを正面からカチ合わせるとフォックスの上Bが負けて吹っ飛ばされる。
復帰に空下を合わせると楽に復帰阻止できる。
↑別にバーストできるわけではない。
↑火力取れるのは確か。


■対リュウ
崖奪い空後で簡単に倒せる。
リュウの上Bを出すタイミングの前に近付いて下Bを当てる手もある。


■別の話
無双に必要なもの、無双に伴うものは魅了かもしれない。

 

 

ミュウツーII

SSB4-ミュウツー

■技
弱はタイマンでの暴れに使う。
↑乱戦だと行動不能時間が遅すぎる。
↑チームで擬似タイを味方につくりたい時に使えるかもしれない。
横強はとりあえず追い払う時と立ち回りに使う。
↑先端付近を当てるようにする。
↑上シフトするとリーチが短くなるのでしない。
上強は暴れと対空に使う。
↑背後を攻撃できる数少ない技だが遅い。
下強は牽制と様子見に使う。

上スマはバーストと置きと回避狩りに使う。
↑当てやすいバースト技。
横スマはバーストと読みに使う。
↑遅いので使う場面は限られる、相手の行動に確信が持てた時か、あるいは牽制か。
下スマはどう当てるのかわからない。

空前は切り返しとバーストと立ち回りに使う。
↑少し遅いので丁寧に振る必要がある。
空Nは復帰阻止と置きと回避狩りと暴れに使う。
空後は復帰阻止と差し込みに使う。
空上は対空に使う。
↑崖待ちで使う時は十分ジャンプの距離を稼がないと崖の上に喰らい判定が大きく出てしまう。
空下は対地と復帰阻止に使う。

NBは暇潰しに使う。
横Bは飛び道具を返すのと復帰距離を伸ばすのに使う。
上Bは復帰と移動に使う。
↑空中に出るととても無防備な状態な長く続くのでできるだけ崖捕まりするか着地するかで出し終えたい。
下Bはよくわからなかった。

DAは差し込みに使う。
掴みは差し込みと立ち回りに使う。
↑背後にすぐ出る攻撃は多分これだけ。
前投げはよくわからなかった。
後投げはバーストに使う。
↑飛び道具無敵が付いてると思う。
上投げは使わなかった。
下投げは他への攻撃判定があり早いので乱戦で使う。


■立ち回り
横強と下強と掴みで読み合いを仕掛ける。
空前、空後、空Nを差し込みする。
上スマと後投げでバーストする。


■考察
バースト力はあるけど立ち回りが強くないので丁寧に動かなければならない。
全体的に後隙が長く暴れを通すのが難しい。


■テクニック
▼上B着地
着地状態で終えると割と早く動けるようになる。
崖上りジャンプから着地したりで動きが増えると思う。
▼NB着地
NB中の着地をガードでキャンセルして着地隙を減らせる。
試してないから実用性があるかわからないけどNB着地キャンセルSJ空Nor空後とか強そう。


■対クッパJr.
復帰阻止がやりやすいが追い出すのが難しい。


■終点化とある星
ファルコが壁を利用して横Bでメテオしてくる。
ミュウツーは壁ジャンプできるので復帰距離が少し伸びる。
復帰阻止はやりやすい。


■その他
Lv.9はおそらく終点を基準に構築されている。
いろいろ試したけど終点および終点化ステージが一番Lv.9が強いと思う。

 

 

ゲッコウガIII

SSB4-ゲッコウガ

■技
弱:対ダメージ
↑暴れ
横強:ダメージ 対ダメージ 対バースト
↑暴れ 攻撃
上強:ダメージ 対ダメージ
↑暴れ コンボ 回避狩り
下強:ダメージ
↑様子見

上スマ:ダメージ バースト
↑暴れ 置き 対空 待ち
横スマ:ダメージ バースト
↑待ち 攻め 読み合い
下スマ:ダメージ バースト 対ダメージ
↑暴れ 回避狩り

空前:ダメージ バースト
↑攻め 読み
空N:ダメージ 対ダメージ
↑連携 暴れ 置き
空後:ダメージ バースト
↑差し込み 崖奪い
空上:ダメージ
↑コンボ
空下:ダメージ
↑差し込み コンボ 対地

NB:ダメージ バースト 対ダメージ 対バースト
↑嫌がらせ 置き 回避狩り 待ち 拒否 様子見
横B:バースト
↑読み
上B:バースト 対バースト
↑復帰阻止 復帰
下B:ダメージ バースト
↑暴れ 読み

DA:ダメージ
↑差し込み
掴み:ダメージ バースト 対ダメージ
↑攻め 読み 回避狩り
前投げ:不明
後投げ:バースト
↑追い出し
上投げ:不明
下投げ:ダメージ
↑連携 展開作り


■立ち回り
NBを撒く。
空前は当てるととてもおいしいので当てられそうなら狙う。
下強、横強で様子見する。
読み合いでスマッシュか空前を当ててバーストする。


■考察
立ち回りで使える技は少ない。
運動性能が高いので動きにリターンをあまり求めずに動く。
動いていくなかでハイリスクな行動が通りやすくなる。
できるだけリスクは取らずに動く。
最低限の技が高水準で揃っているのでワンパターンになりがちだが対応できる。


■対パルテナ
パルテナの横BでNBを返されるので安易に溜めない。


ワイリー基地
ゲッコウガの空前は5発でイエローデビルを倒せる。
↑少なくとも点滅したイエローデビルはOP相殺がかかってなければ一撃で倒せる。
↑貴重なバースト手段なのでできれば取りたい。
移動するイエローデビルは下Bを起動できる。


■その他
▼いろいろ
スマブラの他の格ゲーとの最大の違いは小パンで敵が死なないこと。
故に基本的な戦術はダメージを溜めてバーストすることになる。
なのでスマブラにおける行動は4種類ある。
ダメージを与えること、バーストすること、ダメージを防ぐこと、バーストを防ぐこと。
前隙と後隙の存在からそれぞれを定義するのは難しいし、さらにそれは対戦カードによっても異なるだろう。
▼イエローデビル
移動するイエローデビルの背後にいるとスペシャルフラッグを成功させやすい。
↑もっともイエローデビルが崖ギリギリのせった位置にいると押し出されてスペシャルフラッグを掲げ終えられない。

 

 

ルキナII

SSB4-ルキナ

■技
弱は連携と様子見に使う。
横強は様子見と攻めに使う。
上強は暴れに使う。
下強は様子見と攻めと暴れに使う。

上スマは対空とホールドに使う。
横スマはバーストと攻めとホールドに使う。
下スマは暴れとバーストに使う。

空前は攻めと連携と追撃と差し込みに使う。
空Nは攻めに使う。
空後は崖奪いと下り択と差し込みに使う。
空上は連携と対空と差し込みに使う。
空下は対地と復帰阻止と差し込みに使う。

NBは様子見と置きで使う。
横Bは攻めに使う。
上Bは暴れと復帰と復帰阻止とバーストと差し込みに使う。
下Bは暴れと状況確認と読みに使う。

DAは差し込みに使う。
掴みは暴れと差し込みに使う。
前投げは追い出しに使う。
後投げも追い出しに使う。
↑長い無敵がついているので乱戦向き。
上投げは使わなかった。
下投げも使わなかった。


■立ち回り
空前、下強、横強で様子見をする。
飛び込むと死ぬので飛び込まない。
暴れと待ちでダメージを稼ぐ。
上B、弱空前連携、空前、投げで場外に出す。
復帰阻止か崖奪いか崖上りの読み合いで有利なものを仕掛けて倒す。


■考察
少し強引に動いても大丈夫なマルス
強いと思う。
NBの隙が少し長い以外に目立って弱いところはない。


■コンボ・連携
▼空下→空上
浮けば当たる。
浮きすぎると間に合わない。
バーストはできない。
▼弱一段目→空前or横スマ
ローリスクで横に飛ばせる。


■対リュカ
リュカの上スマは思うより横に広いので安易に前回避しない。


■対リトルマック
リトルマックの下Bは小ジャンの最大高度あたりで空前の下側の判定を当てると透かせる。


ヨッシーアイランド
中央のすり抜け床の高い方には上スマが届かない。


■その他
スペシャルフラッグはとりあえず後回しにして敵を飛ばして、その上で余裕があったりついでに取れたりするなら取るぐらいがいいと思う。
スペシャルフラッグを投げつけるとLv.9はほぼ必ずキャッチするので後隙を狩れる状況にあるなら投げつけるのも手。

 

 

シークII

SSB4-シーク

■技
弱は暴れと攻めと差し込みと置きに使う。
横強は暴れと攻めに使う。
上強は置きと待ちと読みで使う。
下強は暴れと様子見に使う。

上スマはバーストに使う。
横スマはバーストと置きと回避狩りに使う。
↑振るのが少し重い。
下スマはバーストと置きと回避狩りに使う。

空前は立ち回りと追撃と拒否と差し込みと攻めに使う。
空Nは置きと暴れに使う。
空後は攻めと空中戦で使う。
空上は嫌がらせと対空とバーストに使う。
空下は自殺と道連れと復帰阻止と地上への差し込みに使う。

NBは着地狩りと嫌がらせに使う。
横Bはどう使うのかわからない。
上Bは復帰とバーストと差し込みに使う。
下Bはバーストと追撃と復帰と移動に使う。

DAは差し込みに使う。
掴みは差し込みに使う。
前投げは使わなかった。
後投げは使わなかった。
上投げも使わなかった。
下投げは連携に使えそう。


■立ち回り
NBで嫌がらせをする。
動いた相手を空前か下Bで殴る。
バーストが近くなったらおもむろに近付いて様子見をし、タイミングで当たりそうなスマッシュを当てる。
前回避は弱いので多用しない。


■考察
運動性能が高く技の性能にも恵まれているがバースト力が無さすぎる。
またバースト力を補う火力も無い。
ワンチャン持っていく力も無い。
なのでどういう流れと展開で相手をバーストまで持っていくのかをしっかりイメージできないと弱い。
なんとなくではバーストできないのでキャラ対策と同じ様にバースト方法を計画しておくと強いと思う。
体力ではなく計算で勝つキャラ。
さながら本マグロの一本釣りである。


■対カムイ
下を取られると不利なので下Bで逃げる。


マジカント
空下でメテオすると相手が台を突き抜けるのでバースト手段がひとつ多い。


■別の話
理論値的強さに正直なのは無双の方。
戦闘はしてもしなくてもいい。
成功は数学のテストで学年首位をキープすることで、無双は未解決問題を何気なく解いてしまうこと。