読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フュージョンインザダーク

スマブラブログ

ドンキーコングIV

■技
弱は対面での差し込みに使う。
横強は牽制ととりあえず攻撃したい時に使う。
↑後隙が大きく様子見には使いにくい。
↑上シフトするとリーチが短くなるのでしない。
上強は暴れと対空に使う。
↑前回避、崖登り回避後に暴れる必要があったら使うみたいな。
下強は様子見と連携に使う。
↑後隙が少ないのでガードされても反撃されにくく、回避されても反応が間に合う。

上スマは対崖登りジャンプと対空に。
↑当たりにくいのであまり使わない、横へのリーチもないし。
横スマは迎撃に使う。
↑確定した相手の動き、または読んだ相手の動きに合わせて撃つ。
下スマは暴れとホールド待ちと回避狩りに使う。
↑対空もできなくはない。

空前は対空と通常攻撃に使う。
↑当てるとコンボに行ける。
↑バースト力はそこそこ。
空Nは対地と空対空での差し込みに使う。
空後は対地と対空と復帰阻止と追撃に使う。
↑崖メテオは持続当てでも十分可能。
空上はコンボと対空に使う。
空下は対地と復帰阻止に使う。
↑無敵無し崖捕まりした相手に当てるのが楽なので崖奪いできると強いと思う。

NBは着地の隙消しと圧力に使う。
↑背後の出だしは発生が早くて打点が高いのでそれを対空差し込みとして当てるのが現実的だと思う。
↑あるいは読みで当てるか。
横Bは多分使わない。
↑一応崖離しジャンプから出すと素早く崖に掴まるという特異性はある。
↑それの有用な使い道を発見できなかったので今のところ役割は無い。
上Bは暴れと復帰と回避狩りと迎撃に使う。
下Bはガードも回避もされたくない地対地の暴れに使う。
↑拒否的な運用よりは無理矢理当てられる攻撃として使う感じ。
↑対空性能は微塵もないので振るなら遠距離の着地狩りで。
↑空中下Bは対崖上で使えそう。

DAは連携と差し込みと回避狩りに使う。
掴みは反撃と差し込みに使う。
前投げはよくわからない。
前前投げは追い出したい時に使う。
後投げはバーストと追い出しに使う。
上投げは乱戦で投げた後次の暴れに巻き込んで火力アップを狙う時に使う。
下投げは使わなかった。


■立ち回り
下強で様子見する。
DAと掴みと空後で差し込みする。
上強と横強でダメージを溜める。
下スマでバーストする。
相手の間合いの内側に潜り込むと不利なので外側から叩く感じで遠巻きに戦う。


■コンボ・連携
▼下強→DA
転倒するか、転倒しなかったけど後ろ回避した場合に当たる。
いい位置に飛ばすので着地の読み合いに持ち込める。


■対ファルコ
ファルコの横強上シフトはドンキーコングが小ジャンの頂点に居ても当たるので対面からジャンプで逃げる場合は大ジャンプ最速回避がいいと思う。


■対ゲッコウガ
ゲッコウガの上Bを食らうとそれの影響を受けている間崖に掴まれない。
↑空後などで素早く暴れて解除するのが強いと思う。
ゲッコウガの横Bはガードしてから十分反撃が間に合う。
↑食らい判定が上に大きく出るので空後でも反撃できる。
↑上Bを発動しておけば食らう前に攻撃を当てて潰すことができる。


■終点化スーパーマリオメーカー
風景も質感も変わり崖の感じも変わる。
↑ステージの位置に対して感覚的に復帰阻止の位置取りをする場合間違える可能性がある。


■別の話
▼強くなること
強さを得る為にはそれの反対の行動も同時に確保しなければならない。
でなければ強さに耐えきれずに破滅すると思う。
強さを無駄遣いするか、強さを換金して金を無駄遣いするか、あるいはその両方かが楽だと思う。
▼レバガチャ
ゲーム内だけで見れば強いとしか言いようがないが、リアルまで拡張すると強いと言えるか疑問。
手が痛くなったら本能的にゲームから遠ざかるはずで、それは成長速度の低下を意味する。
だとしたらレバガチャは強さに反する部分を持つので利用しない方が結果的には強くなると思う。