読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フュージョンインザダーク

スマブラブログ

50%メタナイトvsクラウド+カムイIV

■技の話
弱はその場崖登りから使うと強い。
横強は特に着地狩りで強い。
上強もその場崖登りから使える。
下強は対面で強い。

上スマはその場崖登りからホールドするなら使えないこともないかもしれない。
横スマは当てられる状況を的確に認識できれば強い。
下スマは追い出すのに使うと強い。

空前は復帰阻止に使うのが強い。
↑擬似的な持続のある技として使う。
↑主に上Bで移動中の敵に当てる。
↑やたら長いリーチがあり、追撃性能がすさまじい。
空NはSJ崖抜け暴れが強い。
↑崖近辺での択のひとつとして。
空後は復帰阻止に使うと強い。
↑吹っ飛ばしもなかなか強いのに一段目の発生が意味不明に早いので追撃性能も尋常ではない。
空上は崖下でとても強い。
↑横によく飛ぶので何回か当てるだけでそこそこ運べる。
空下は追い出せるなら火力が取れてなくても強い。

NBは敵の甘い行動を狩るのに使う。
↑敵がそういう行動を取らなくなると別の攻撃が刺さるシステム。
横Bは逃げる時と着地狩りに使う。
↑どうしても横Bか下Bしか間に合わないタイミングがあり、その時に使う。
上Bは暴れと復帰に使う。
↑復帰阻止がうまくいかなかったらとりあえず当てて火力だけ取るという使い方も強い。
下Bは刺さりそうな時に撃つ。
↑下投げからは繋がらなかった。
↑ワープ後の行動は移動か斬りつけで、斬りつける場合移動しないので予想よりも範囲は狭い。

DAは着地狩りと根元当てで様子見するのに使う。
その場掴みは下強よりリーチがないので歩いて範囲内に入ったのを確認してから振る。
D掴みは基本的にこれを使う。
↑手前と奥の判定がXと比べて減っているのでそのリーチを把握して、それに合わせた間合いの立ち回りを組み立てる必要がある。
振り向き掴みは使わなかった。
↑よく考えたらXでも有効活用したことなかったと思う。
↑ダッシュ読みとかで振ったらリスク少なく掴みを振れるのかな。
前投げは敵が近くて差し込めそうなら使う。
後投げは弾とか攻撃とか避ける時にも使える。
上投げはDAで上Bが繋がらなそうな飛び方を確認してから一発なんか入れて、その後投げるとバーストする。
↑この場合横強か掴み攻撃がいいかもしれない。
下投げは崖際で使うと強い。
↑特に別の敵を崖際との間に挟んでいる時。

ガードは様子見に使う。
↑後は保険、たとえば投げられても死なないけどL下B食らったら死ぬみたいな時に。
その場回避はその場崖登りから使えそう。
↑基本的に使う場面は少ない。
前回避は使用後の的確な動きがわからないけど強い使い方があると思う。
後回避はガードを固めないように使う。
↑要するにガードを様子見として成立させるための技。
空中回避はいたらやばい位置を通過する時に使う。
ジャンプは復帰阻止のタイミングを合わせる時に飛び込むように使う。
↑状況が悪くてとりあえずガードしたけど攻撃されなかった時にも使う。
↑ジャンプ後特に何もしないのもガードが固まってるのと同じで弱いのでガードジャンプ空下かガードジャンプ下Bなどで誤魔化すようにすると強い。
↑要するにガードと同じ種類の様子見技。


■立ち回り
攻めがよく噛み合っているとNBを当てるタイミングが出てくる。
しかし強く攻められないので様子見を繰り返し敵を釣る。
敵の体勢が崩れたのを維持するように畳み掛ける。
↑敵の立て直し始めを見極める必要がある。
火力は追い出しと復帰阻止さえできてれば取れる。
↑即死を諦めて火力を取るのも悪くないと思う。


■考察
追い出しを狙っている立ち回りをしている時に猟奇的なタイミングで発生する即死連がおもしろい。


■コンボ・連携・セットプレイ
▼崖際ループ
その場崖登り→弱
その場崖登り→上強
その場崖登り→上スマホールド
その場崖登り→SJ崖抜け空N
その場崖登り→NB
崖登りジャンプ空下
崖登りジャンプ下B
本命は崖登りジャンプ空下での追い出し。


■対クラウド
クラウドの横スマ一段目ガード最速前回避とすると背後に抜けられる。


■対カムイ
斜め下はものすごく振りなのでガード以外で居座るべきではないと思う。
↑同様の理由で着地狩りも安定しない。
カムイの横スマは先端が異常な吹っ飛ばし力を持っていてすぐにバーストされるのでそのあたりにいないようにする。


■別の話
▼技を盗む
強いと思ったらなぜ強いのか考えて、分かったら使うようにするのが強いと考えていました。
最近は強いと思ったらとにかく取り入れて、使ってる内に何が強いのか理解していく方が強いのではないかと思っています。