読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フュージョンインザダーク

スマブラブログ

メタナイトXIII

■技の話
弱はその場崖登りからの択として使う。
↑前方にリーチが長いのでキャラによっては押し付けられる。
横強は甘い復帰を咎める時と対面での一二段様子見に使う。
上強は崖登り暴れに使う。
↑敵が裏表もわからないほど至近距離にいる時に対する強い圧力になる。
下強は近距離対面構築における立ち回りや読み合いの基盤になる。
↑掴みはスカされると厳しいがこれはスカされても後隙を掴めてガードされても逃げやすい。
↑先端当てを意識すると外しやすいので範囲内にいるかどうかの確認に意識を割く方が安定して強い。

上スマは使わない。
↑即死連の準備ならダメージ調整と展開のパターン化で役割を持てるかもしれない。
横スマは着地狩りと回避暴れを咎める時に使う。
下スマは着地狩りとその場回避狩りの択。
↑えげつない方向に飛ばすのでその圧力を元に立ち回りを構築する。
↑要するに崖際への着地を強く咎めることができる。

空前は復帰阻止とコンボに使う。
↑リーチがクソ長く、先端当てが安定すれば復帰阻止の読み合いは大幅に有利かつ単調になる。
↑上B一段当て崖掴みから敵の飛び方によっては崖離しジャンプで当ててもいい。
空Nはコンボと復帰阻止と崖登りジャンプから使う。
空後は復帰阻止で使う。
↑発生が早く吹っ飛ばし力が高いので特に敵が高%の時に強い。
↑直線的な復帰は急降下ではない崖降り空後。
空上は復帰阻止と連携に使う。
↑真上ではなく斜めベクトルなので低%時に崖下で運べる。
空下は復帰阻止と嫌がらせに使う。
↑嫌がらせはガーキャンジャンプからと崖登りジャンプから最速で振る。

NBは回避を確認して高速で反応できればリスクなく振ることができる。
↑前ダッシュ読み下強とか愚かなことをした時に相手が前回避を出してると当てられたりする。
↑基本的に前回避の間合いで立ち状態で留まらないので振る機会は少ないと思われる。
↑あとは飛び込みや読み合いの中で全段ではないにしても当てられる場面がある。
横Bは復帰と復帰阻止に使う。
↑上Bでの復帰が怪しそうなときはとりあえず崖から離れるようにジャンプしておいてジャンプが無くなった時点で上Bが届かなそうな時に使うと強い。
↑崖下の相手に当てて壁跳ね返りすると崖メテオになる。
↑主に2回目の崖掴まりを強く咎めるように使うことになる。
↑2回目の崖掴まりを強要できる動きがまだないので強さの割に再現性が低くまだ強くないと言わざるを得ない。
上Bは復帰と復帰阻止と連携に使う。
↑低%復帰阻止では輝く性能を発揮できると思う。
下Bは特殊な回避技と攻撃判定の出ない復帰技として使う。
↑位置的に下B復帰の方が都合がいい場所は多いのでよく使う。
↑敵が読み合いに力を入れるタイミングで遠くに逃げて肩透かしをしたりする。
↑使うタイミングはマズい状況が発生する少し前なので経験と勘が強さに関わってくると思う。

DAは受け身ミスを咎めるときと後隙への圧力による立ち状態の強化に使う。
↑単体ではそこまで強くない。
その場掴みは近距離対面での択として使う。
↑NBで反応できなかった前回避を掴んだりする。
↑その場回避から振る技としてはとても優秀。
D掴みは後隙への差し込みに使う。
↑特異的に強い使い方はあまり見当たらずスタンダードに中距離対面の択と着地狩りに使う程度だと思われる。
振り向き掴みは使わなかった。
前投げはすぐに投げたい時に使う。
後投げは追い出す時に使う。
↑敵が低%なら中央より崖寄り付近から後投げ→DA→ジャンプ空Nと繋げて復帰阻止に行くのも一興だと思う。
上投げはあまりおいしくないけど乱戦などでは強い。
↑あとはDAで追撃できないほど飛ぶようになった相手を掴んだらこれでバーストする。
下投げは基本的にこれを使う。

ガードは長く張らない。
↑攻撃に対する攻撃のような使い方になる。
↑ガードで攻撃を凌ぐ場面は少ない。
↑解除歩き、キャンセルジャンプなどで動いていく。
その場回避は差し込みのように使う。
↑主に対面で敵がバースト%の時に使うと特に強い。
前回避は基本的に使わない。
↑崖際に追い詰められていて崖外に出たくない時に使うべきタイミングがある。
後回避は基本的にこれを使う。
↑敵の動きを見るのに使う感じが近い。
空中回避は崖周りで上に吹っ飛ばされた時にとりあえず最速で振っておくと追撃されにくい。


■立ち回り
中距離対面と近距離対面の読み合いが強いのでその状況が出来上がるように立ち回る。
着地狩りはその後に行えるようになり、追い出しはさらにその後、復帰阻止もその後。
この流れの中で即死連に行けそうなら行くと展開が早くなり後の状況もよくなる。
上に飛ばすより横に飛ばした方が楽。


■考察
復帰阻止中にできるだけジャンプを節約することと空前空後発生後の適切なジャンプのタイミングを覚えられると強い。


■コンボ・連携・セットプレイ・テクニック
▼低%上B一段当て崖掴み
復帰阻止を継続できる。
上Bは敵の技に対する割り込み性能が異常に高いので急降下空下を抜けられた時にそれをフォローできる。
また即座に崖を掴み敵が怯んでいるので非常に有利な対面が発生する。
▼崖離し急降下空下
復帰阻止が安定しない復帰技を持っている相手に刺さる。
急降下速度がやたら早いことによる利点だと思う。
▼崖掴まり上B二段→崖登りジャンプ空上→上B
空上の部分が何発入るかはわからないけど敵の%によってはそのまま即死連に移行できると思う。


■対クラウド
とにかく崖外に出せば勝てる。
崖下空上は二発当てるとほぼ死んでくれる。
急降下ではない崖降り空後が上Bを狩りやすい。


■対カムイ
カムイの崖掴み上Bで飛ばされたら空下で暴れておくと空上で追撃されないと思う。
崖離し急降下空下で上Bの発生を潰す。
復帰阻止は一筋縄では行かない。
↑下り空下→ジャンプ空上→ジャンプ空前崖メテオがよくある復帰阻止パターン。
移動中の上Bを潰すのは下り空下がおそらく最も現実的。


■別の話
▼難易度調整の話
勝ったら少し進み負けたら少し戻るという話がGIGAZINEにあり有用だと思うのでしばらくそれを採用することにします。